同級生が兵庫で就職

同級生が薬剤師になり、多くの患者さんに慕われて活躍しています。
学校は兵庫にある大学を出て、その後はその地に残って地域密着型の薬局の薬剤師求人により就職を果たし、今日に至っています。
その同級生とは幼い頃から学校が同じで、クラスも同じになる事が多かったのですが、その頃からその子は成績優秀で何をさせても申し分ない子でした。
そのまま順調に成長して、そして更に立派になって、私はいつも大きな拍手を送りたい気持ちでいます。
昨年その子と再会する機会があったのですが、昔話に華が咲き、時間が経つのを忘れて会話が弾みました。
そして仕事の話になり、薬剤師についてのイメージや薬局に求める事等、色々と尋ねていました。
私は親しい間柄であるからこそ、率直に意見を言いました。
するとその意見を熱心にメモして、有り難うと鞄に収めていました。
相変わらずだと思い、感心しました。
将来は自分の薬局を持つのが夢だそうで、きっといい薬局になるだろうなと思いました。
ずっと応援しています。