売り手市場である東京の薬剤師求人

女性に人気の薬剤師という資格ですが、国家資格を取得後、やはり気になるのはその求人と募集でしょう。
現在は、薬剤師法第1条によって、医薬品の製造販売においても薬剤師をおかなければなりません。
そのため薬剤師の需要は尽きることはありません
近年の薬剤師需要で、多くの大学で薬学部が新設され、また薬科大学が設立されましたが、薬剤師不足はまだまだ続いております。
実際に、「薬剤師求人」で検索してみると多くの専門サイトを見つけることができます。
専門サイトの多くでは、薬局を中心に掲載されておりますが、薬剤師求人は薬局だけではありません。
最近では、製薬会社や医薬品販売会社、化粧品メーカー、食品メーカーと多岐に亘るため、それぞれ自分の希望に添って、求人情報に目を通すと良いと思います。
もちろん、社員などの常勤として働くだけではなく、派遣として働く薬剤師さんも近年では増えつつあります。
特に結婚や出産を経て一度仕事を辞めた薬剤師の方が、パートや派遣として働くことも出来ます。
国家資格とあって、薬剤師求人は引く手あまたなのが現状です。
言うまでもなく、東京は日本の中では最も人が集まる大都市です。
よって東京では医療機関の数、ドラッグストアの店舗数、いずれも日本トップとなっています。
そのため薬剤師の確保も当然必要となってきます。
厚生労働省の統計によりますと、現在東京では4万人以上の薬剤師が活躍しています。
この数は全国を通じて群を抜いています。
最近の大手ドラッグストアチェーン店の増加等が、需要が高くなったことが要因の一つと言えるでしょう。
そのため、医療機関や、薬局やドラッグストアで薬剤師の奪い合いという事態が起きています。
日本は不況の最中ですが、薬剤師求人は、世の中の状況とは正反対で、右肩上がりなのです。
薬剤師の争奪戦が始まっている現在、薬剤師求人の条件は良いものばかりです。
特に東京での薬剤師はまさに売り手市場で、求人には事欠かないでしょう。