6年制大学のスタートで質の高い薬剤師が求められている

2006年に薬学部の6年制への移行が始まりました。
2012年には6年制の薬学部からの卒業生が初めて社会に出て、その卒業生を対象に薬剤師国家試験が行われました。
いま6年制の大学を卒業した薬剤師に、薬剤師求人で求められているのはいままでより高いクオリティーでしょう。
6年制の大学を卒業した卒業生がまだ少ないこともあり、6年間みっちり習ってきたのだからそれなりの質の向上があると期待されています。
大学が6年制に移行したのは、薬剤師の質を向上させることで医療を向上させようということからです。
それを考えると、6年間薬学を習ってきたのだから、それなりの人材に育っていると考えるのが普通でしょう。
実際はどうなのかはまだまだわからないことではありますが、採用する薬局や病院などにはそのような期待感があることは確かです。
もし、6年制の大学を卒業して、転職のために薬剤師求人をチェックしているとしたら、自分には多大な期待がかけられているということを知ったほうが良さそうです。
6年制の大学では半年間の薬局病院実務実習が必修となっていますから、薬局や病院の実際の業務というのはその実習で分かったと思います。
期待をかけられるのは光栄なことであり責任感を感じるでしょうが、大学でしっかり学習を重ねてきたのなら恐れる必要はないと思います。
6年制大学の卒業生には、これからの医療を支える人材として、どうどうと経験を重ねて行ってもらいたいと思います。